2012年07月26日

民主党に投票した国民はバカ?

 民主党に票を入れたことで、いわゆる「識者」と呼ばれる人々から、「国民は甘い蜜に惑わされたバカ」というような発言があった。後講釈で何とも言えるから、識者とやらも節操のない人々であるが、慥かに奸徒を見抜けなかったことは認めよう。筆者も高速道路無料化には大いに期待させられたのだから。だが今でも高速道路無料化は必要だと思っている。まず都市、過疎地の流通が盛んになるだろうし、経済的効果は、管総理が知らなかった乗数効果というのも手伝い、数兆円規模の効果があったろうことが国交省の試算で明らかになっていた。マニフェスト発表当時も今も、通貨縮小(デフレ)の対策を取らない日銀や政府の金融政策を見ていると、これだけでも相当な経済効果があったことは間違いないだろう。
まあ、もう画餅に帰してしまったが。ガソリン税の暫定も取れてしまったし。これだけ無能かつ嘘で塗り固めた政党も珍しい。民呪党とでも改名したらどうか。或いは、民誣党(みんしゆとう、誣は、作り事を言う、事実を曲げて言う、という意味)か。

さて、「識者」とやらにお伺いしたい。
国民は、次期政権を担う党のマニフェストというある意味の契約書を信じて投票してはいけないというのだろうか。
信じてはならぬ、というのであれば、何を根拠に投票すれば良いのか
政党が挙げる約束事など選挙のためだけの美辞麗句に過ぎないのか。
そして、そういった裏の事情まで考えながら投票しなければならないのか
また、あのとき他党に入れる積極的な理由があっただろうか?
自民党が信じられたか?
公明党に頼れるか?
共産党に国の将来を託せたか?
その他の少数党に未来を賭けられたか?

馬鹿も休み休み言うものだ

法律では、「信義誠実の原則」というものがある。その原則の一つに、エストッペルの原則(禁反言)というものがある。これは「Aが一定の表示を行い、他者Bがその表示を事実として行った行為に対し、Aはそれと矛盾した事実を主張することはできない」という原則だ。簡単に言えば、「言ったことをひっくり返すなよ」ということだ。
まさしく、民主党はこの原則を否定しているのだから、政権政党どころか解党して出直すべきだろう。
こういう原則を考慮すれば、国民が民主党のマニフェストを信じて投票した行為は何等責められるべきではなく、民主党自身が責任を負うべきであろう。

しかし「識者」って、一体何が「識」なの?
posted by Serendipity at 19:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。