2012年10月31日

家電メーカの再生

LOTO6をはじめる前に読む本


ご隠居はんと留はんの「量子力学」珍問答
======================
 デフレが解消しない折、家電メーカは価格破壊によって大打撃を受けている。高品質が売り物の日本家電だが、その微妙な差がコストパフォーマンスとバランスが取れず、結局安い韓国、中国の商品に流れてしまうということなのだろう。
 例えば、慥かに日本のHD液晶テレビは表現能力は優れていると思う。しかし、その差も価格差に見合っているとはなかなか判断されない。だいたいテレビにそれだけの高画質を望むユーザはそう多くはない。お笑い番組やニュースなどHDである必要すらないし、ドラマも内容がまず重要視されるのであり、そうでないものをHDする価値は殆ど見当たらない(私的判断だが)。米国ドラマの「Law & Order」など、初期の作品はSDであるが、それでも見る価値はあると思う。やはりコンテンツが主体でテレビはそれを生かす手段でしかない。
 表現装置に良いものができれば、コンテンツもそれに着いてくると言うのは、従来表現できなかったものが表現できるというメリットもあるから、本末転倒とは言わないが、それに近いものはあると思う。
 例えば、PlayStation3(PS3)という非常に優れたゲーム機がある。この装置の表現能力は非常に高い、グラフィックコンピュータといってもいい。しかしだからといって、ゲームそのものが面白いかどうかは、全く別物だ。むしろゲーム会社は、その表現能力を生かそうと躍起になってしまい、ゲームそのもののエンターテインメント性を失わせてしまっているのではないか。
 事実2世代も前のPlayStation(PS)での「バイオハザード」などのゲームは、あのハード仕様でよくぞ表現したものだと感嘆され大ヒットした。その後Wiiによってリメイクされた際、本来このゲームが意図していた表現ができたのであるから、優れた装置は必要なのだが、やはりその順番はコンテンツ優先であることには違いない。
 PSはその後PS2と進化し、このゲーム機でゲーム市場はかなりの隆盛をみた。ゲーム機の性能とコンテンツのバランスがほどよくマッチしたのではないかと思う。今でも性能的にはPS2で充分だろう。今でも表現力とソフト開発容易性では高バランスを保っているとと思う。
 メーカとしては、いつまでもPS2に留まっている訳にはいかないというのはその通り。しかし、高性能になればそれだけ扱うデータ量、プログラミングの量も増えるから、体力のないソフトハウスは大変なはずだ。
 HD液晶テレビが、4K〜16K(現行HVテレビの4倍から16倍の解像度)を目指している。技術としては当然の流れだろう。記録メディアも現行のBlu-rayの容量が25GB〜50GB、BD-R XLでも100〜128GBだからBlu-rayに変わる新しいメディアが必要になるだろう。ユーザとしては、またかぁ、という気持ちにもなる。
 ビデオレンタル店をみれば分かるように未だDVDが主流だ。Blu-rayは思ったようには主流にはなり得ていない。それにあまり普及させようという気もないようだ。というのも、一時DVDとBlu-rayどちらでも読めるメディアがあったのだが、今では見ない。DVD,Blu-rayどちらでも再生できるのだから、面白いメディアを作ったものだと感心したのだが、あっという間に消えてしまった。コストの問題があったのかもしれない。しかしこれはチャンスではなかっただろうか。
 しかも、(Blu-rayというよりは、ビデオ規格の問題だが)SONY陣営とPANASONIC陣営の意地の張り合いがあって、PANASONICは、Blu-rayにHDで記録できるだけではなく、従来のDVDにも記録できるというAVCRECという規格を持っているが、Blu-rayに拘り続けているSONYは、これができない。記録規格の混乱によって、ビデオテープレコーダーで混乱させた以前のVHS、β戦争を彷彿とさせ、ユーザとしてはうんざりだ。この点で問題があるのはSONYの方ではないかと思う。技術中心主義でユーザの都合などお構いなしに上から目線で規格を押しつけてくる。
 VHS、βは、そもそも物理的に形状が違うから、使える、使えないははっきり分かるが、Blu-ray(或いはDVD)ディスクでは見た目で区別できない。ユーザからすれば同じBlu-rayディスク(或いはDVD)でも機種によって再生できないなどというのは言語道断だ。
 また販売用のBlu-rayソフト(映画)の読み込み時間が異常に長いのも問題だ。映画を見たいだけなのに延々と待たされるのでは堪らない。冗談抜きで壊れたのかと思った。
 問題はまだある。入力にディジタル端子が存在しないのである。いや、正確に言おう。iLinkやLANなどでディジタルデータを入力することはできる。しかし、VTR時代には明示的にあった入力端子が、現行のディジタルレコーダには、ディジタル入力端子(例えば、HDMI)がないのである!スマホのHDMI端子からレコーダに繋げないのである。
これは普通、半製品と呼ばれるものではないのか?
メーカがこんなユーザを馬鹿にしたような製品を作るからそれはブーメランとなってメーカ自身に返るのだ。
これがレコーダ普及の足枷の一因だろう。
 上記に挙げたiLinkには、困った経験がある。A社とB社の製品をiLinkで繋げたのだが、繋がらない。そこでA社に尋ねると、開口一番「当社の製品同士ですか」と逆に訊いてくる。そうではないというと、「他社製品との接続に関しては当社では分かりかねます」と答えるではないか。iLinkというのは接続の規格であろう。にも拘わらず、「接続」ができないから尋ねているのである。繋がらないとは、メーカとして技術者として恥とは考えないのだろうか。こういう姿勢では、規格化などに拘わって欲しくない。機能しない規格なんて意味がない。

 ユーザから見れば、混乱しているのはメーカ自身だ。それで「売れない、売れない」と嘆いても、ユーザは買いたくても買えないということを理解していない。それぞれのメーカの創業者の信念はどこへ行ったのだろうか。ユーザを置いてきぼりにしてメーカの繁栄などあり得ない。
 良い例がある。海外で洗濯機を、なんとイモを洗うのに使っていた。日本のメーカは馬鹿にして見向きもしなかったが、サムスンは、なるほどこういう使い方もあるのかと、早速イモ洗い専用の「洗濯機」を作って販売したところ大人気となったという。
 もちろん成功例もある。こういった経験を積んでか、インドでは、セパレート型のエアコンを導入して成功を収めているらしい。とにかく冷やしてくれ、というのがインド人の要望だった。しかしセパレート型は多機能で、窓に設置するタイプのものに比べて高価格であった。そこで冷やすことだけに重点を置き、窓設置タイプと同価格程度までにしたら売れたという。分離した方が、室内機は小型化できるし、騒音も少ない。しかも窓の機能を損なうこともない。だから売れないわけがない、ということだ。
 同じインドで、テレビもインド人の感性に訴え、売れているという。インド人は、鮮明な赤、鮮やかな青が好きらしい。そこでこれを強調した色彩に変更したところ売れ行きが上がっているという。少々高くなっても選んで貰えたら、それこそ技術の勝利ではないか(画像を破綻させずに強調するのはかなり経験と技術が要るらしく、一朝一夕に後進メーカが追いつけるものではないとのことだ)。ディジタル化で商品の差異化が難しくなっている折、こういったところに技術力を発揮できる部分があることは一筋の光明だろう。

 良いものが売れるのではない、必要なものが売れるのだ、という当たり前のことが、技術中心主義の日本メーカにはよく理解できなかったのだろう。ユーザの要求に答えるのが、まず第一義である。技術は裏で磨くべきものだ。決して押しつけてはいけない。さらりと差異を示すのがかっこいいではないか。

日本メーカには、また花を咲かせて貰いたい。
LOTO6をはじめる前に読む本


ご隠居はんと留はんの「量子力学」珍問答
posted by Serendipity at 20:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。