2013年03月16日

安倍総理のTPP交渉参加表明!まあ上手く交渉するだろうけどね!

ご隠居はんと留はんの「量子力学」珍問答

LOTO6をはじめる前に読む本
====================================
 安倍総理がTPPの交渉に参加を表明した。多分保守系の人は、大いに悩んでいると思う。信念がぐらついている人もいるだろう。

だがここは少し辛抱して熟考して頂きたい。

 TPPが非常に危険であることは、安倍総理は誰よりも知っている。現時点で知られている条件で批准したら日本国が崩壊してしまう。これは間違いない。

 では、なぜ「TPP交渉に参加」を表明したのだろうか。ここが重要だ。

「交渉の参加」を拒否することはできなくなっていたからだ。


 前政権が引っかき回した日米関係を修復するは、どうしても避けて通れなくなってしまったのだ。野田前総理が、TPP参加表明をしてしまった以上、アメリカの面子を潰すわけにはいかない。面子もそうだが、オバマ大統領が何をおいてでも失業率を下げる強い意志を持っている以上、少なくとも「交渉に参加」までは拒否はできない。だからこそ訪米の時、幾つかの言質をオバマ大統領から引き出すことに腐心したのだ。

まずは、

「聖域」なき関税撤廃は認められない。

さらに、自民党として、
『TPP交渉参加の判断基準
 @政府が、「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、交渉参加に反対する。
 A自由貿易の理念に反する自動車等の工業製品の数値目標は受け入れない。
 B国民皆保険制度を守る。
 C食の安全安心の基準を守る。
 D国の主権を損なうようなISD条項は合意しない。
 E政府調達・金融サービス等は、わが国の特性を踏まえる。

という条件でなければ、「TPP参加」はできない、という言質を取ったのだと思う。これで「交渉に参加」を表明しても、条件が満たされない以上、「TPPに参加」はできない、ということになる。

 どうだろうか、こういう条件を出して、他のTPP参加国が納得するだろうか。事実上、「日本国としてはTPP参加はできない」となるのではないか。それ以前に、「こんな面倒くさい国なんか参加させない」と言われるかもしれない。それはそれで願ったり叶ったりで結構なことだ。
 要は「交渉」だ。おそらく血を吐くような厳しいやりとりをしなければならないことだろう。ご苦労は目に見えている。しかし安倍総理は、「絶対」に国益に叶わないことは、しないし、させない、と思う。

 徒に「交渉参加」を引き延ばして、もう殆ど決まってしまった時点で、「交渉参加」したら、交渉などできない。日本はより追い詰められてしまう。

 こうならないように、安倍総理は決断したのだと思う。

 よく、日米同盟と経済問題は違う、だから、さっさとTPP参加拒否を表明してしまえ、と乱暴な意見を述べる人もいる。もちろん、表面的には、両者は全く違うし、それによって日米同盟に罅が入る、などとアメリカが恫喝することはないだろう。しかし「表面的には」ということを忘れてはいけない。
 こういうと、アメリカのポチとか言われるんだろうが、ポチであるかどうかは別にして、実際問題として、日本は日本だけで国防ができるのか、と考えれば良い。現代においては、日本ばかりでなく、他国と共同して防衛問題を考えなければ、国は守れない。慥かに自衛隊は、精鋭部隊で非常に高い防衛能力を持ってはいる。しかし、その武器は殆どが米国製であり、しかも重要な部分はブラックボックスになっている。事実上、米軍傘下でのみ、動くしかないのだ。
 主権に拘わることでいずれ解消しなければならないが、そのためには、武器を自国でまかなうだけの覚悟がいる。だが、今の日本人にその覚悟はあるか?武器三原則を破棄できるだけの覚悟はあるか?GDPの相当な部分を武器産業に充てることに賛成できるか?
 支那の脅威は現実的だ。潜在的戦時下である。だが多くの国民は、まだ眠ったままだ。誰も戦争を望んでいるのではもちろんない。戦争が嫌だからこそ軍事が必要なのだ。この一見、二律背反のようにみえる論理をなかなか理解できない人が多い。
 支那は強い相手には手を出さない。しかも何年でも臥薪嘗胆で待つことができるいやらしい国である。
 日本との軍事力の差は、10年くらいであると軍事評論家は言う。まだ10年ある、ではない、わずか10年なのだ。支那が自壊してしまう可能性は慥かに高い、しかしそんな僥倖を待つような政治では日本は危うい。

 だからこそ、日米安保条約は重要なのだ。

 お互いの国が双方とも切っても切れない関係であることを確認しなければならないのだ。丁々発止してもいい、「重要な関係」であることを確認し続けることが必要なのだ。TPPの問題は、だからこそ蔑ろには出来ない。

 政治家でもなんでもない一国民の筆者に、安倍総理の政治手法は分からない。
しかし「国益」を最優先する政治家であることは間違いない。

まあ、見ててご覧なさい。必ず、上手いところにソフトランディングするから。

posted by Serendipity at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。