2013年07月16日

テキサス親父が「国立公文書館」へ慰安婦資料請求-「慰安婦」は商売!という完全な一時資料取得

ご隠居はんと留はんの「量子力学」珍問答

LOTO6をはじめる前に読む本
====================================
 「テキサス親父(Mr. Tony Marano)」のことはご存じの方も多いと思うが、彼は親日派ではある。しかしおかしいことはおかしいとする人物であり、心強い日本の友人である。今回の慰安婦の資料請求も、ネットに流れている情報を無批判に受け入れるのではなく、自分自身で、米「国立公文書館」に一時資料を請求し確認してから、主張を述べている。この態度から信頼に足る人物であることが分かるだろう。
 この「国立公文書館」に保存されている1944年に報告された「尋問調書」の原文コピーによって、既にインターネットで流布していた情報と同一であることが再確認された。
http://texas-daddy.com/comfortwomen.html

・慰安婦達の証言では、志願して雇用され高額の給料を貰っていた → つまり純粋な商行為であった。しかも当時は合法である。
・待ちへ出かけて化粧品や洋服など好きな物を買っていた → 強制、監禁されることなく、「性奴隷」とはほど遠い存在であった。
・時間の関係で全てのお客(兵士)にサービスができない事を悔やんでいた → 現在の感覚では奇妙かも知れないが、兵士を好意的に思っていた。
・日本人の兵士達とスポーツをしたり、ピクニックをしたり宴会をしたり様々なイベントを一緒に仲良くやていた → 虐待どころか双方とも友好的であった。これをどう理解すれば、「性奴隷」とになるのだろうか。
・借入金がある慰安婦は、その返済が終われば希望があれば国へ帰ることも出来た → 借金返済の拘束以外はなかった。これはもちろん普通の商売と同等である。
・日本の兵士と結婚する者もいた → 慰安婦にそれほどの偏見がなかった。当時の日本では、政治家でさえ娼妓を嫁に取っている。そういう時代だった。

 さらにこの尋問をした米兵の主観として「慰安婦達は、日本人の基準でも、白人の基準でも綺麗な女達ではない」と書かれている。要するに慰安婦は「不細工」だったと言う事が書かれている。
http://crx7601.com/archives/30761137.html
(米兵の主観による最後の2行は少々気の毒だが…)
 
 1944年と言えば、大東亜戦争まっただ中である。アメリカとしては、日本軍を貶めるプロパガンダであれば、嘘も捏造でも構わなかったはずである。これ幸いと思ったはずなのだ。しかし彼らはできなかった。戦後事実が明らかになれば、事実余りにも食い違う嘘がばれてしまうのは国益に叶わないと思ったのだろう。心理的にも明らかに事実が分かっているのに嘘はつけなかったのだろう。ナチスでもあるまいに「嘘も100回言えば事実になる」と嘯き、結局は嘘がばれて追い詰められる韓国とは違い、長期に渡る影響を考慮できるだけの思慮はあったのだ。
 何が半万年の歴史を持つ国だ。そんな膨大な時間を過ごしながら、国益が何であるかまるで学ばない。半万年の歴史が聞いて呆れる。たかだか200年余の歴史しかない国の方が、誠実であり国益を考えて行動していたではないか。

 こういった資料が、日本ではなくアメリカにあるのだ。しかもアメリカ兵が調査して報告しているのである。当時日米は戦争中だ。報告書に、嘘は書かないにしても、少なくとも日本に有利に記述するはずはない。聞き取った事実を淡々と書いたのだ。この事実は非常に重い。

 こういった事実を、グランデール市は考慮すらしないのだろうか。ただ単に「日本が事実を隠蔽」しようとしているとでも思っているのだろうか。しかし事は名誉に掛かる問題だ。当事者の一方的な主張だけを信じて、もう一方の主張を悉く否定するというのは、はたしてグランデール市議会というのは、民主主義を貫いているのか。むしろ否定しているように日本人には見える。少なくとも中立的な立場に立って、最低限双方の意見を平等に聞くという姿勢は必要ではないか。民主主義というのは、自由と共にアメリカの「国是」だと思うが、アメリカの州の一市がそれを否定するというのか。

 だが、嘘を突き通すことはできない。事実は必ず芽を吹く。そのとき、グランデール市は、どんな釈明をするのか。それとも、直ちに過ちを認め、即座に「慰安婦像」など撤去するか。
 今度は、あなたたちの「名誉」が掛かっている。

保存資料
====================================
http://www.youtube.com/watch?v=ggQaYD37Jm4&feature=player_embedded#at=439
posted by Serendipity at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。