2015年06月26日

移民問題





 イタリアは今、ボートピープルに頭を悩ませているらしい。粗末な船で、しかも定員をかなりオーバーして漂流しているから助けない訳にはいかない。助けたら今度は、保護しなければならないというのが、EUの規約だという。しかしイタリアとて野放図に難民を受け入れらる筈もない。そこでEU全体で難民を受け入れるべきだと主張した。EUの意思決定機関は、各国のGDPによって案分して受け入れるよう勧告をしたようだが、結果は2分され、賛成派と反対派に別れているという。
 難民達はどうなるかというと、まずは身元をチェックされ収容施設に一次置かれる。その後難民指定されれば一定の住居と生活費などを支給されるという。しかし、そこで大人しくしている者ばかりではなく、イタリアを離れようとする者もいる。フランスは受け入れに消極的で、イタリアとの国境で彼らの入国を阻止した。だが驚くべき事に、ここで大人しく返る者達ではない。早速権利を主張し始めた。「通せ!」と。国境に居座り圧力を掛けているのだ。自国が荒れて食うや食わずで棄国をした彼らが、感謝ではなく権利を主張し始めた。慥かに気の毒な面はある。しかし、酷なことを言うようだが、自国に残って自由を実現させようとすらしなかったことも事実だ。
 近代社会では「人権」を盾にされると、殆ど何もできなるなる。できなくなるどころか、それに少しでも違う言論でさえ、抹殺される。議員であれば、辞職せざるを得なくなるほど追い詰められる。中世とは違った言論封鎖がまた始まっているのだ。
 ある民族が侵入することを「侵略」の一つの定義とすれば、これは「ソフトな侵略」ではないだろうか。武力を行使しようが、騙そうが、相手の親切心を利用しようが、結局は中に入り込むことに変わりはないからだ。そして後から来た者は、未来永劫大人しくしていることはない。

 細菌の話しをしよう(移民者を細菌と言って貶めているのではないから間違えないように)。細菌は、取り憑いた生物の免疫が強ければ、排除されるか、大人しくしているが、一度免疫が落ちれば、あっという間に宿主を乗っ取ってしまう。だがこれは細菌だけの話しではない。細菌に拘わらず、生物はそのようにして自らの勢力を拡大していくものではないのか。ここに善悪などはない。端から生物はそのように仕組まれている存在ではないのか。
 それが分かっているから、人類は自らの文化、慣習を守るために国を作って守ろうとしてきたのではないのか? だから自国の文化、慣習を守りたいなら、移民を安易に考えないことだ。国があってこそ人類の多様化を保持しているのではないか。それでいいではないか。別に国と国との交流をしないという訳ではないのだから。
 「人は他の生物と違う。互いの文化から学び昇華させることができる」などという者もいるが、どうやら歴史はそうでないことを示している。アメリカンネイティブ、オボリジニ、インカ帝国、等々、一方的に滅ぼされてしまった。もう彼らの文化、慣習は失われてしまった。記録としてしか残っていない。インカなど記録さえ危うい。
 別に彼らが劣っていた訳ではなかろう。ただ「侵略」に抗する力がなかっただけだ。それを劣っているというなら非情だが、そうかもしれないが。

移民に関しては、国民レベルで考える問題だと考えるべきだ。
ただ政府だけに任せてはダメなのだ。
posted by Serendipity at 03:03| Comment(1) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

ガンという不思議





 ガンというのは、様々な解釈があるようだが、主流になっているのは、遺伝子が何らかの原因、放射線、化学物質、物理的刺激、などによって、傷つけられそれが成長したものだという。
 しかし、よく考えてみると、その遺伝子の傷つけられ方というのは、一様ではないはずだ。
AさんとBさんと個人が違えば、例えば同じ大腸ガンでも、傷つけられた遺伝子の箇所は違って当然だと思うのだが、病態は非常に似ているし、それに同じ治療をされる。
 不思議じゃないか?
 それとも傷つけられる箇所は、人が変わっても、切れやすい場所があるとでも言うのだろうか。

 さらに不思議なのは、ガンがまるで人体の構造を知り尽くしたように、人の生体システムを上手く利用しながら、まるで「寄生生物」であるかのように振る舞うことだ。自らに栄養を送るために、新生血管は作るし、免疫系を騙したり無力化させたり、やりたい放題だ。だから「新生生物」と呼ばれるのかも知れないが、多少情緒的だが、「そこまでやるか?」と言いたくもなる。それに「生物」なら自らの宿主を殺してどうしようと言うのだろうか。
 全くもって奇々怪々だ。
posted by Serendipity at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

不思議な縁





 普段なら逃げてしまう三毛猫が、どういう訳か、ニャーと鳴きながら、こちらへ来てくれと云っているようだった。
付いていくと、そこには瀕死の子猫がいた。
おそらくだが、母親は育てられないと、助けを求めに来たのだろう。
実際、鼻には既に蛆が顔を出していた。
子猫も逃げるそぶりも見せない。もう動けないのだろう。
「こりゃダメかな」と思いつつもタオルで包みピンセットで取りあえず除去し、猫用ミルクを与えてみた。
下痢はするし吐くし、やはりダメかと思ったが…。

今ではソファーを占拠して我が物顔で寝そべっている。
右目が青で、左目が金色のオッドアイの白猫だ。
奴は今年で16歳(推定)になった。
posted by Serendipity at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

WEBサーフィンしていたらこんなのがあった





ネットサーフィンをしていたら、こんな映像見つけました。
何の問題.jpg

何かのクイズ番組のようですが、何だか奇を衒ったような問題ですね。
log416
log636
log981
なんて、2ですし、微分してしまえば、-7など意味がありません。
問題は、eで、これは単なる定数なのか、それとも「ネイピアの数」(自然対数の底)なのか、これでは分かりません。
何の問題1.jpg
となるのでしょうが、あまり良い問題ではありませんね。
単に、指数や微分を知っているか、というだけです。
ちょっと見のインパクトで視聴者を驚かせるのはどうでしょうか。
クイズとは云え、もっと良い問題があるはずです。
前に挙げた、「コロンボ刑事」の例のように。
posted by Serendipity at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

偽金貨の袋を特定するには?−ご存じかも知れませんが、この問題好きなんです!−





ご存じの方は黙っていて下さいね!

「たくさんの金貨の入った袋が3つあります。この5つの袋の1つはすべて偽金貨だと言います。
一回だけ秤を使って計量ができます。さて、どの袋が偽金貨でしょうか?
金貨の重さは100g、偽金貨の重さは110gとします」

どうです、解けましたか?
この問題が解けた方は、かなり地頭が良いと、自負してもいいですよ!
(まあ、シェルドレイクの形態形成場仮説からすると、この問題の答えを知っている方はかなりの数になるので、この問題が最初に出された時とは違い、現時点で思いつく人の確率は相当上がっているでしょうけど(笑))
しかし、じっくり考えるのは頭のトレーニングに良いということですので是非挑戦して下さい。

========
実はこの問題は、「刑事コロンボ『殺しの序曲』」の中に出てきた問題です。「刑事コロンボ」はもう50年以上も前のドラマですが、今見ても新鮮なのは、脚本とコロンボ役のピーター・フォークの演技の賜物でしょう。機会があれば是非ご覧下さい。それはさておき、解答を挙げます。

3つの袋をA,B,Cとしましょう。
まず、Aの袋から金貨を1枚取り出します。
次に、Bの袋から金貨を2枚取り出します。
最後にCの袋から金貨を3枚取り出します。

すると、手元には6枚の金貨が得られます。
ここで一回限り秤が使えるので6枚の重量を量ると、
もしAが偽金貨であれば、610g
もしBが偽金貨であれば、620g
もしCが偽金貨であれば、630g
となるはずです。従って、どの袋が偽金貨であるか分かります。

さて、話しはここで終わりません。今の問題では、金貨と偽金貨の重さが分かっていましたが、実際にはこれらの重さは分からないのが普通です。そこで、これらが分からない場合はどうなるでしょうか。
考えてみましょう。
まず、
金貨の重さをxg
偽金貨の重さをyg
とすると、すべての袋が真正な金貨であれば、もちろん6xとなるはずです。ここで秤を一回使って重さを量ると、620g
になったとしましょう。すると、以下の場合が考えられます。

1y+5x=620
2y+4x=620
3y+3x=620

これではダメですね。金貨と偽金貨の重量は分かっていないと解けません。

ここで何が言いたいかと云えば、ある定理があるとします。

「この前提条件を満たせば、こうなる」

という場合、いかに前提条件が重要であるかを知って頂きたいということです。

最近、経済なのですが、「何とかの定理」でこうなります、などという説明が多いのですが、「はて、その前提条件は?」
とツッコみたくなることが多々あります。例えば、「失業しても必ず就職する」という前提条件が満たされないのに、満たされるかの如く、それを前提条件とする定理を適用してしまう。或いは、「人は必ず経済において合理的に振る舞う」などとあり得ない前提条件で、定理を語る。
しかし、前提条件が満たさなければ、何も言っていないことに等しい、ということを国民は理解した方が良いですね。

========
刑事コロンボ 「殺しの序曲」

「世の中てな不思議ですねえ。
あたしゃ、どこ行っても秀才にばかりに出会ってね。
いやあなたやこのクラブだけじゃないんです。
お分かりでしょう。
学校でも頭の良い子は大勢いたし、軍隊初めて入ったときにも、あそこにも恐ろしく頭の良いのがいましたよ。
ああいうのが大勢いちゃ刑事になるのも容易じゃないと思ったもんです。

あたし考えました。
連中よりせっせと働いて、もっと時間掛けて、本を読んで、注意深くやりゃあ、ものになるんじゃないか。

なりましたよ。

私はこの仕事が心底好きなんです。」
posted by Serendipity at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

「モンティー・ホール問題」ってご存じ?

「モンティー・ホール問題」ってご存じでしょうか?
難しい数学の問題じゃないのでご安心を!まあ、問題というよりは、クイズですね。
こんなクイズです。
「A、B、Cという箱があります。このどれかに当たりが入っています。
まず、あなたは、この箱の内どれか一つを選びます。
すると、モンティという司会者が、あなたの選んだ箱以外で、ハズレの箱を開けます。
そこでモンティは、『あなたが最初に選んだ箱を変えますか、変えませんか?』と尋ねます。
さて、あなたは、箱を変えた方がいいのか、変えない方が良いのか、どちらでしょう?」

あなたならどうしますか?
「どちらの箱も当たるのは、半々だから、変える必要はない」と思われたのではないでしょうか。
「だって、2つの箱しかなくなるのだから、確率は50%でしょう?」と仰るかも知れません。
ところが答えは、
「変えた方が当たる確率は2倍になる」
です。

驚きましたか。

この問題には、なんと博士号を持つ人千人を含む一万人にも及ぶ「間違った」回答があり、「…数学の専門家として、わたしは一般市民の数学理解力がお粗末なことを懸念しています。どうぞ間違っていたことを素直に認め、今後はもっと注意をなさってください」と断言した数学教授もいたほどです。

数学者でさえ間違えるのですから、数学者でない私たちが間違えてもおかしくはありませんね。
しかもちょっと安堵したりして!

では解説です。

A、B、Cの内、まず仮にAを選んだとしましょう。この時点で当たる確率は、1/3です。ですから、B、Cのどちらかに当たりがある確率は、2/3です。
ここでモンティは、B、Cの内、必ずハズレの箱を開けますから、仮にBがハズレならCが当たる確率は2/3、同様にCがハズレなら、Bが当たる確率も2/3となります。
ですから、変えた方が、2倍も当たる確率が上がるのです。

ときに「常識」と言うものは、数学的事実とは違うことがあります。
ですから、「あまり好きではない」かもしれない数学も少しは役に立つのではないでしょうか。

 モンティー・ホール問題を正確に解いたのは、マリリン・ボス・サヴァントという女性で、彼女自身が持つ「マリリンにおまかせ」というコラムで発表しました。彼女は、10歳の時、IQ228と認定された世界で一番頭の良い人間としてギネスに登録されたそうです。これは10歳時、精神年齢23歳程度ということですから凄いことですね。基本的にいわゆる「地頭」が良いということでしょう。
 しかし元々IQは100以上の数値の意味は明確ではなく、100を大幅に下回る数値しか出せない人を探し出してケアするという意味合いが強かったので、ちょっと数値が一人歩きしている感はあります。
 例えば、誰でもご存じのアインシュタインは推定で160〜190という数値だそうです。どうやってその数値を出したかは分かりませんが、物理学を学んだ者にとっては、「それがどうした?」という感覚です。今のところ宇宙の構造を探るには、彼の創り上げた一般性相対性理論に頼る他はありません。ニュートンが力学で物理学の歴史の輝かしい成果を上げたように、アインシュタインは、彼の力学を再構築したのですから、やはり大天才と言わざるをえません。それもたった一人で創り上げたのですから驚愕の一言です。

 ですから、普通に社会生活を送れれば、あまりIQにこだわる必要はありませんね。



posted by Serendipity at 21:04| Comment(3) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。