2016年11月28日

●火星移住詐欺?

 火星移住計画が動いているらしい。壮大な計画で実行者はかなりまじめに取り組んでいるという。
でもこれ、詐欺じゃないのかな。
 えっ、身も蓋もないって?
 たしかに人類の進歩は危険を顧みない何人もの冒険者、先駆者達によってなされてきた。
 地球が平らだと思われていた時代には、海の果てまで行ってみたいという者達は、「海の端に行ったら奈落の底に落ちてしまうぞ」と周りの者に嗤われたし、鳥のように空を飛びたいと思った者は、気が狂っていると馬鹿にされた。しかし歴史は、彼等のお陰で、多くの知見を得てきたことを示している。まさか地球の空をジェット機が自由自在に飛び交っているなど、ライト兄弟でさえ思いもよらなかったかも知れないが…。
 このように人類の進歩は、危険を顧みない冒険者、先駆者によってなされてきたことは間違いない。
 移住も同じことだったのかもしれない。欧米人、特にアメリカ人はヨーロッパ大陸から北米大陸に移住して大成功を収めた。彼等の体にはこのような成功体験が染みているに違いない。もちろん、アメリカ人にとっては、「開拓、移住」だったかもしれないが、原アメリカ人にとっては「侵略」の何ものでもないことも忘れてはならない。
 冒険者はリスクを恐れない。しかし蛮勇の持ち主ではない。考えられるリスクすべて考慮して行動する。誤解を恐れずに言えば「臆病」のはずだ。しかしこれは彼等の名誉を毀損することにはならない。むしろ賞賛すべき性質だろう。想定されるリスクは考え抜き対策を考える。しかしそれを超えるリスクは存在する。彼等はそのリスクを引き受けて冒険に挑む。だからこそ成果を得られる可能性が高くなるのだ。もちろん自らの命を省みず臨まなければならない場合もあるだろうが、それは最終手段だろう。
 では今回の火星移住計画はどうだろうか。リスクは許容(コントロール)できる範囲にあるのだろうか。どうみても無謀で時期尚早にみえる。技術的にも人間の性向からも移住を考える前に実験しておかなければならないことは山ほどあるのだ。
 たとえば閉鎖空間で数人の人間がその中だけの資源で生存できるのか、という実験を行ったことがある。1991年アリゾナの砂漠に作られたバイオスフィア2(ちなみにバイオスフィア1は地球のことだそうだ)だ。男女8人が閉鎖空間の中で生活できるかどうかを実験したが、結局破綻してしまった。その要因は、不十分な生存環境制御、食糧不足、そして心理学的要素であったという。どれも重要な課題だが、最後の心理的要素というのはかなり重い。これは「バイオスフィア実験生活―史上最大の人工閉鎖生態系での2年間 」(ブルーバックス、講談社)という本の中で、「…言葉どおり個人的ないさかいも起きました。それどころか一種の権力闘争、派閥抗争のために、すんでのところですべてが台無しになりそうな事態さえありました。バイオスフィア2に入る時、私たちは互いに、これからこの人たちとすばらしい友情をはぐくむのだと大いに期待していました。が、二年経って出てきた時には、もうほとんど口もきかないほど関係が悪くなっていた人たちもいました。」(p8)と記述されている通りだ。今回の火星移住計画で何人になるのかは分からないが、わずか8人でさえ簡単に諍いが起きてしまう事実をみると、仮に技術的な問題が解決されたとしてもこういった人間の性向を解決することは相当困難だ、できないと考えた方が良い。
 火星移住計画の推進者の一人であるイーロン・マスク氏は「人口増加や環境破壊、戦争などによる滅亡の危機に備え、人類の未来をつなぐには火星移住が必要だ」と公言しているが、この言葉こそ身勝手な人類の思想そのものではない
か。人類自ら招いてしまった結果から逃げようとしているからだ。この地球で問題が解決できなければ、どんな星に移住しようが上手くいくはずがない。地球で解決できなければ、それは人類の滅亡を意味する。解決できなければ、人類はその事実を甘受するしかない。このような考え方を持った者達が火星に移住してもおそらく数年と持たない。自壊してしまうのは火を見るより明らかだ。それがたとえ人類が生存する環境を得たとしてもだ。
 考えてみれば何のことはない、映画「インデペンデンス・デイ」で描かれたエイリアンは、人類そのものだったのだ。この映画の制作者は、意図してか無意識かは分からないが、ある意味人類の事実を描き出してしまったようにみえる。

 筆者は、文頭で「詐欺じゃないのか」と述べたが、実は「騙す側」も「騙される側」も実はいないと思う(陰謀論者なら「いや黒幕はいる。これで稼ごうという人間が」と言うかも知れないが…)。だから本当は「詐欺」ではないだろう。移住希望者の多くは自らが助かろうとして移住しようと考えているのではないだろう。むしろ次世代の礎になろうと純粋な気持ちから自らを犠牲にしようとしているに違いない。ナイーヴだとは思うがそういう志は尊い。だが思索が深いとは言えない。もしそういう志を持っているのであれば、なおさら事を急ぐべきではないだろう。本当に実現させたいのなら設定されている時間が短すぎる。たしかに何らかのプロジェクトを成功させるためには期限設定は必要だ。「いつかは実現できる」というのは「決して実現しない」のと同じ事だからだ(脚注)。しかし今回の期限設定は短すぎやしないか。50〜100年程度の時間は必要だろう。
 最後にMIT(マサチューセッツ工科大学)の研究者は以下のように警告しているという。
「現在の科学技術では火星到着から68日しか生きられない」と。

(脚注)
 余談だが、日本のFBR(高速増殖炉)が成功しないのも技術的に難しいことは承知してもそれ以上に明確に期限を設定しないからだと思う。期限のない計画は、職員の士気も上がらず、だらだらと時間だけを浪費してしまうだけだ。このFBRに頼って日本の原子力政策を策定するのでは不安に思う国民が多くいてもおかしくはない。期限を設定して、実現すれば、A案を、実現しなければB案を実行するというオルタナティヴがなければ、原子力政策は「トイレのないマンション」と揶揄されても仕方あるまい。実際使用済み燃料の処理はできていないのが現実であり、その処理は焦眉の急である。
posted by Serendipity at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。