2012年07月26日

民主党に投票した国民はバカ?

 民主党に票を入れたことで、いわゆる「識者」と呼ばれる人々から、「国民は甘い蜜に惑わされたバカ」というような発言があった。後講釈で何とも言えるから、識者とやらも節操のない人々であるが、慥かに奸徒を見抜けなかったことは認めよう。筆者も高速道路無料化には大いに期待させられたのだから。だが今でも高速道路無料化は必要だと思っている。まず都市、過疎地の流通が盛んになるだろうし、経済的効果は、管総理が知らなかった乗数効果というのも手伝い、数兆円規模の効果があったろうことが国交省の試算で明らかになっていた。マニフェスト発表当時も今も、通貨縮小(デフレ)の対策を取らない日銀や政府の金融政策を見ていると、これだけでも相当な経済効果があったことは間違いないだろう。
まあ、もう画餅に帰してしまったが。ガソリン税の暫定も取れてしまったし。これだけ無能かつ嘘で塗り固めた政党も珍しい。民呪党とでも改名したらどうか。或いは、民誣党(みんしゆとう、誣は、作り事を言う、事実を曲げて言う、という意味)か。

さて、「識者」とやらにお伺いしたい。
国民は、次期政権を担う党のマニフェストというある意味の契約書を信じて投票してはいけないというのだろうか。
信じてはならぬ、というのであれば、何を根拠に投票すれば良いのか
政党が挙げる約束事など選挙のためだけの美辞麗句に過ぎないのか。
そして、そういった裏の事情まで考えながら投票しなければならないのか
また、あのとき他党に入れる積極的な理由があっただろうか?
自民党が信じられたか?
公明党に頼れるか?
共産党に国の将来を託せたか?
その他の少数党に未来を賭けられたか?

馬鹿も休み休み言うものだ

法律では、「信義誠実の原則」というものがある。その原則の一つに、エストッペルの原則(禁反言)というものがある。これは「Aが一定の表示を行い、他者Bがその表示を事実として行った行為に対し、Aはそれと矛盾した事実を主張することはできない」という原則だ。簡単に言えば、「言ったことをひっくり返すなよ」ということだ。
まさしく、民主党はこの原則を否定しているのだから、政権政党どころか解党して出直すべきだろう。
こういう原則を考慮すれば、国民が民主党のマニフェストを信じて投票した行為は何等責められるべきではなく、民主党自身が責任を負うべきであろう。

しかし「識者」って、一体何が「識」なの?
posted by Serendipity at 19:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
投稿失礼します。政権交代前の党首討論に於いて、麻生氏の「財源はどうするのか」という質問に対して鳩山氏からの答えは要約すると全て「財源はあるんです」という答えになってない返答しかしてません。私からすれば、いくらマニフェストに掲げていようと、財源があやふやなものを信じてしまう心情が理解できません。
しかも舞台は国会、表ですよ。裏じゃないんですよ。
Posted by 通りすがり at 2012年10月28日 21:50
ご投稿ありがとう御座います。
慥かに仰る通りですね。財源はどうするのか。
そこで当の民主党はどう答えていたかと言いますと、特別会計の見直しでそれは出てくると胸を張って主張していました。多くの国民は、塩爺の託宣の通り、「母屋(一般会計)でおかゆを食っているのに、離れ(特別会計)で子どもがすき焼きを食っている」との感覚は掴んでいたと思います。そこで、民主党が何度も特会を見直すことで財源は確保できると主張していたのですから、それを信じていたと思います。
政治家の発言は、現実がどうかなっているかどうかは別にして、マニュフェストに挙げた以上、それは「約束」になると考えます。もちろん、国民もすべての公約が政権を保持している間に達成されるとは思ってはいないでしょうが、多くの公約は達成されるか、或いは目途が立つものと信じたと思います。
これが本来の政治の在り方ではないでしょうか?
 そこで、問うたのです。「国民が政党の公約を信じることが間違いでしょうか」と。つまり、公約に掲げた項目に関して、いちいちその背景(もちろん財源を含めて)を詮索しなければならないほど、政治家の公約は信用してはいけないものなのでしょうか、と。
 多くの国民は、政策に精通しているものではありません。それは無理というものです。ですから、国民は、その公約を以て、政治家に国の運用を委託するのです。
しかし、結果は明らかになりました。マニュフェストを信じた国民は、大いに政治家、政党がいかに信用できないかを身に染みて分かってしまいました。
「何を今更ナイーブなことを」と仰るかもしれませんが、これは本質的に不幸なことです。
Posted by 一石賢 at 2012年10月29日 01:36
通りすがりに失敬。

>国民は、次期政権を担う党のマニフェストというある意味の契約書を信じて投票してはいけないというのだろうか。

マニフェストは契約書というよりパンフレットに近いんじゃないかね。
信じるのは新興宗教の世界で判断するというのがマトモな大人の行為であると思う。
「民主党が責任を負うべきだろう」とは道義的にはその通りだけどそれは盗人に追い銭を投げてる者が「泥棒が悪い」と口にしているのと同じだろうよ。
泥棒が悪いがそれに追い銭を投げる者は愚か者。
悪人と愚か者、どちらが罪深いか言うまでもない。
Posted by 民 at 2013年11月24日 11:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/283210951

この記事へのトラックバック