2012年08月03日

ノンアルコールビールって清涼飲料水じゃないの?

 日本人って時にとんでもなく細かいところに引っかかる面白い民族なのだが、産経新聞の記事を見ていてちょっと笑ってしまった。
 それは、ノンアルコールビールを未成年者が飲んでも良いか悪いかを述べている記事で、「何歳くらいから飲んで良いか」という設問を未成年の子供のいる30〜40代の1200人を対象に実施したところ、
20歳以上 35.7%
18〜19歳 32.3%
15〜17歳 17.3%
12〜14歳  5.7%
となり、
乳幼児から大学生で飲んで良いと答えた人に理由を聞くと、
法的にも発育的にも問題がないから    31.9%
子供が飲みたがればダメという理由はない 31.1%
子供が実際の飲酒をすることを避けられる 30.3%
という結果だったという。

もともとアルコールを摂取できない人やTPOの開発したのが実情だろうから、メーカとしては少々躊躇いがあるかもしれないが、アルコールが0.00%だから、これは完全に「清涼飲料水」でしょう。
単にビールのような味がするだけで、他のジュースやソーダと何等変わりはない。清涼飲料水の中でも色々変な(?)味のものも有るが、その一つと捉えれば済むことだ。
はっきり言って味はビールとは似ても似つかない(筆者は嫌いじゃないが…)。

問題にする方がおかしい。

「ビールへ移行させる虞がある」と危惧する声もあるが、「甘酒」飲んだからと言って、「どぶろく」に走るものだろうか。エッチな本見たからといって性犯罪者になる? 小説で殺人事件を扱ったからといって、人殺しになるとでもいうのだろうか。
そうであれば、もっと根本的に重大な原因があるだろう、早急に対処した方が良い。
だいたいそんなに気になるのなら、子供と十分会話すればよいのではないか。

これより問題なのは、この商品の扱い方だ。コンビニでは「20歳未満の方にはお売り致しません」と堂々と書いてあるところもある。トラブルは避けたいというのが本音だろうが、腰が据わっていないね。
どうして売らないのかと詰問されたら答えられないだろうに。

プライバシー法が施行されたとき、筆者は絶対に過剰反応するな、と思ったし書いたりもしたが、同じことは何度での繰り返されるようだ。

もう少し、寛容になれないものかねぇ。
くたびれちゃうよ。
posted by Serendipity at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック