2012年09月23日

大東亜圏再創造

青島のジャスコで暴動に乗じて略奪が行われ、青島イオン折口史明社長は、「もう、めちゃめちゃに破壊された。店内設備機器は全く使い物にならない。商品の略奪、8割方、略奪された。もうこれはデモ、ストライキじゃなくて、テロリズムです」と嘆く。社長は更に続ける「中国共産党のためでも日本政府のためでもなく、現地の人に喜ばれる企業になれればと地道に事業に取り組んできた。ただ反日と叫んでたたき壊す行為が愛国なのか。間違っている」。長年、地元学生への奨学金支給や緑化事業などの社会貢献してきたにも拘わらず、この仕打ちでは、忘恩の徒といわれてもやむを得まい。
 China,Koreaという国は、まだまだ国際社会で通用するような国々ではない。経済は一見上手く立ち回っているようだが、社会内情は、未開部族そのものだ。
これらの国々に期待を寄せたのは拙速だと言わざるを得ない。
「世界の工場」
「消費大国になる」
果たしてそうか?
社会的ルールを無視して行動する民は、それが例え、共産党が仕向けたにせよ、あまりにも民度が低すぎる。これたけカントリーリスクが高いと、通常の経済活動ができる訳もない。
 日本は、China,Koreaの経済的包囲網を東南アジアの諸国(ASEAN(China,Korea抜き))築き、むしろ対抗的立場を取らないと、日本ばかりでなく、東南アジア諸国に禍根を残すことになるのではないか。事大主義、小中華であるKoreaは取るに足らぬとしても、軍事的に強大化を図るChinaは、帝国的膨張主義(中華主義)を取っているから、経済的に豊かにしてはまずいことになる。それは軍事強化に直結するからだ。
何も今回のテロによって「羹に懲りて膾を吹く」という愚を犯すということでは全くない。むしろ気付くのが遅すぎたということなのだ。
 日本人は、漢籍家という言葉があるように、中国の思想に関しては、かなり好意的に、いや、憧れに似た感情を持つものが多く、Chinaに肩を持つ者も多いが、その古典的智慧が大衆に広まっているわけではない。一部エリート層だけが保有してきたものであり、しかも実現されることはなかったものである。
 どこぞの学者が「Pax Sinis(中国の平和)」などと寝ぼけたことを唱えているが、そんなものはない。世界を中華主義で統治されてなるものか。中国の周辺地域を見よ。どれだけ圧政に苦しんでいることか。
 Chinaは、力がない時はおとなしくしている。まるでネコのように。しかし、一度力を得ると嵩に懸かって襲いかかってくる。未だ、戦国時代を地で行く国だ。端的に言えば、古代社会に生きている国なのだ。
 日本企業は、幻想に捕らわれず、そろそろ東南アジアなど経済活動をシフトした方がよい。そして、信頼を築ける国民たちに技術の伝承など、その国の発展を助けた方が良い。
 日本がかつて行ってきたことには、功罪双方あるだろう。それを理性的に捉えられる国であれば、問題があったとしても解決は可能だと思う。実際、そのように考える台湾や東南アジアの国は多い。それこそ大東亜圏の目的ではなかっただろうか(言葉に抵抗がある人がいるとは思うが…)。とりあえず世界第三位の経済大国である日本が、リーダを務めればよい。それは主従関係ではない、断じてない。思い上がる必要はさらさらなし、そんなことはできもしないが、事実として日本以外にリーダを務められる国がない以上、その役を引き受けるべきだ。リーダを務めることはとても重大な責任を伴うし、むしろやらないで済むのであれば、したくないものだ。しかし、日本はその責務を負わなければならない。それが、過去ある意味迷惑をかけてしまった国々に対する謝罪の一つとなるはずである。
 東南アジアの国々を豊かにする。そして日本も豊かになる。拡大主義のChinaに対抗する。これがベストアンサーになるのではないだろうか。
 政府には真剣に考えて頂きたい。
 くれぐれもChinaの甘言に惑わされないようにして欲しい。

 そして経済界も、目先の利益に踊らされず、日本国、そして台湾、東南アジアの諸国の為に努力して頂きたい。会社は公器でもあるのだから。
posted by Serendipity at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック