2013年02月05日

支那海軍のちょっかいなど「柳に風」で受け流せ

ご隠居はんと留はんの「量子力学」珍問答

LOTO6をはじめる前に読む本
====================================
 『中国艦、海自艦船に射撃用レーダー照射 防衛相「1歩間違えば大変危険な状況」
2013/2/ 5 19:28 (JCast ニュース)

小野寺五典防衛相は2013年2月5日19時過ぎに緊急会見を開き、中国艦船が日本側の艦船に対して、ミサイル射撃の前提となるレーダーを照射していたと発表した。外務省は外交ルートを通じて中国側に抗議した。

小野寺防衛相の発表によると、1月30日の午前10時頃、中国海軍の江衛(ジャンウェイ)2級フリゲート艦から、海上自衛隊の護衛艦「ゆうだち」に対してレーダーの照射があった。1月19日17時頃にも、江凱(ジャンカイ)1級フリゲート艦から海上自衛隊の護衛艦「おおなみ」搭載のヘリコプターに対して同様のレーザーが発射された。

小野寺氏は

「このような火器完成レーダー、いわゆる射撃用のレーダーを発出するということは大変異常なことであり、1歩間違えば大変危険な状況に陥る」

と中国側を非難した。

照射を受けた場所は「東シナ海」のみ述べたが、尖閣諸島周辺だとみられる。


 もちろん分かってやっているんだろうが、かなり危険な火遊びではある。小野寺防衛相が『1歩間違えば大変危険な状況に陥る』と言っているのは、支那海軍でさえ分かっているだろうが、海上自衛隊の迎撃システムは、即座に反応してミサイルを発射してしまう可能性がある、から危険な状態になる、と示唆しているのだ。
 存外それを狙って、「先制攻撃された」と難癖を付けて「開戦」に持ち込みたいのかもしれないが、日本政府も海上自衛隊もそれほどバカではない。ちょっかい出されても「柳に風」を続けていれば良いだけのことである。鬱陶しいが。
 もっとも、支那政府と海軍の齟齬があれば、「危険な状態」になってしまう可能性はある。支那政府は軍をコントロールできていないのかもしれない。これは、懸念材料ではある。
 いずれにせよ、日本は悠然と構えていればよいのであって、過敏に反応する必要は全くない。支那海軍など海上自衛隊にとっては取るに足らない張り子の虎だ。その度に抗議を続ければよい。
 ちょっかい出すくせに、事あればまずいと思っているのは、支那政府だからだ。
posted by Serendipity at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/318979442

この記事へのトラックバック