2013年02月23日

「TPP参加」とはなるまいて

ご隠居はんと留はんの「量子力学」珍問答

LOTO6をはじめる前に読む本
====================================
 日米首脳会議によってTPP参加が濃厚になってきた、と報じられている。

 果たしてそうか。
 安部流の高度なTPP懐柔策なのではないか。


 安倍総理がTPPの本質について知らないはずがない。農業問題でも、医療問題でもない、ということはとうにご存じということだ。安倍総理は、「TPPには参加しない」という考えをお持ちだと推察する。
 しかし、最初から不参加を表明したのでは、賛成もいる自民党ではまとまりが付かなくなるし、米国の面子も丸つぶれにしてしまう。それは参議院選挙対策にも、日米関係改善にもならない。

「聖域なき関税撤廃、前提でないことが明確」 首相「早い時期に判断」2013.2.23 07:40
 日米首脳会談を終え会見する安倍首相=22日、ワシントン(ロイター)

 【ワシントン=阿比留瑠比】訪米中の安倍晋三首相は22日午後(日本時間23日午前)、日米首脳会談後の記者会見で、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について『聖域なき関税撤廃が前提でないことが明確になった』と述べた。
 そのうえでTPP参加について自民、公明両党に説明し政府に一任を取り付けた上で『なるべく早い時期に判断したい』と語った。」

と報道され、

 「日本には一定の農産品、米国には一定の工業製品というように、両国ともに2国間貿易上のセンシティビティが存在することを認識しつつ、両政府は、最終的な結果は交渉の中で決まっていくものであることから、TPP交渉参加に際し、一方的に全ての関税を撤廃することをあらかじめ約束することを求められるものではないことを確認する。」

という言質をとったことの意味は大きい。

米国内では、
「日本、TPP参加にはコメ含む全品目について交渉する必要=USTR代表 2013年 02月 21日 01:43 JST
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPJT833681920130220
[ワシントン 20日 ロイター]
 米通商代表部(USTR)のカーク代表は20日、日本が環太平洋連携協定(TPP)交渉への参加を望むのであれば、コメを含む全品目について交渉する必要があるとの見解を示した。
 カーク通商代表は、特定の品目を保護するという条件付きで『交渉を開始することはない』と言明した。


とカーク代表が「交渉を開始することはない」と言明している以上、米国は矛盾を抱え込んでしまったのだ。
また、他のTPP参加国も「日本だけ例外にはできない」と交渉参加の拒否を表明する可能性が高い。そうなれば、「TPP参加に向け努力してきましたが、既参加国の賛同を得られず、誠に残念ながら交渉参加を辞退させて頂く」となるのではないだろうか。

 また假に、万が一TPPに参加することになっても、米などの聖域については関税を認めさえ、内部から、TPPを骨抜きにするということも可能だ。もちろん、IDS条項や、ラチェット条項など毒条項についても、アンティドート(解毒剤)を仕掛けるように持っていけばよいのだ。それが、「日本は二流国家にはならない。ルールのプロモーターとして主導的な地位にあらねばならない。グローバルコモンズ(国際公共財)の守護者であり続けなければならない。米国、韓国、オーストラリアなど志を同じくする一円の民主主義各国と今まで以上に力を合わせなくてはならない。」(韓国だけは微妙でバッファになってくれさえすればよいのだが…)

思わず上手い!

と膝を叩くのは筆者だけだろうか。
posted by Serendipity at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック